あなたの庭はどんな庭?

閲覧数: 308(2)

もう開き直って、ドラマ感想ネタで突っ走るw

先週(3/19)の放送は「あなたの庭はどんな庭?」もちろん名探偵ポアロものです。原作は短編集「黄色いアイリス」から。51分の放送時間が長いか短いかは微妙なところ。主なプロットは他の作品でも見られる、(1)依頼人がポアロに依頼する。(2)ポアロが依頼人に連絡するか連絡しようとする、または会いに行く。(3)依頼人が(ポアロに会わずに)死ぬ。でもって死因は毎回ほぼ毒殺。今回もまた「ストリキニーネ」が使われた。もっとも犯人は心臓発作に見せかけようとするのだけれど。

当時のイギリスが一体どんなだったのかと思うほど「毒殺」を扱った事件が多いなぁと思ったら、実際に当時のイギリスでは結果として「毒殺」が非常に多かったとか。推理小説なるジャンルが確立され、「毒殺」というプロットというかトリックが世に知られるようになると、実はあの事件も毒殺だった、この事件も毒殺だった、というようなことが多発して、当時の法曹界でも、「実際には明らかになっていない毒殺事件が多数あると思われる」なんてことを言っていたとかいないとか。そのせいかどうか、しつこいぐらい「毒殺」プロットが出てきて、クリスティが世の中に警告しとるんかなぁ?なんて思ったりもする。そのぐらいメジャーな「毒殺」です。

お金持ちの叔母さんと姪夫婦のお話で、姪が叔母のお金を勝手に投資に使って焦げ付かせてしまい、そのことを叔母がポアロに相談するところを見てしまった姪が慌てて叔母を毒殺する。叔母は医者から大好物の牡蠣を止められていて、姪は牡蠣をご馳走すると言って、牡蠣の中にストリキニーネを混入させる。スタイルズ荘の怪事件でも使われた「ストリキニーネ」です。

このお話でも、ロシア革命で祖国を追われた元貴族のコンパニオンの女性が出てくるので、この辺(毒殺、コンパニオン、お金持ちの女性)はクリスティ王道のプロット類ってことなのかもしれません。

ポアロさんのお陰で、無事犯人も捕まりますが、殺人なので姪は絞首刑です。ドラマでは夫がガーデニングに使っていた除草剤で自殺を図りますが、実はそれは除草剤ではなく、隠し持っていたウイスキーというオチw

「あんたのせいで絞首刑じゃなーーーーい!」と絶叫しますが、後の祭りw

来週は「百万ドル債券紛失事件」ヘイスティングスの大活躍?が見られますよw

51G3ERW7NGL._SX317_BO1,204,203,200_

【最終更新日: 2019年5月25日】
カテゴリー公開タグ,
死者のあやまち
blank
2017年10月28日

1956年に発表されたアガサ・クリスティの長編推理小説「Dead Man's Folly」の邦題。W  続きを読む

ハロウィーン・パーティ
blank
2017年10月21日

1969年に発表されたクリスティの推理小説「Hallowe'en Party」の邦題、Wikiped  続きを読む

そう言えば
blank
2017年10月17日

前回のポアロ記事「死との約束」の中で昔話が出てきます。昔、商人がバグダットで死神に出会います。死神は  続きを読む

死との約束
blank
2017年10月15日

1938年に発表されたクリスティの長編「Appointment with Death」の邦題、Wik  続きを読む

鳩のなかの猫
blank
2017年10月14日

1959年に発表されたクリスティの長編「Cat Among the Pigeons」の邦題、Wiki  続きを読む

マギンティ夫人は死んだ
blank
2017年10月1日

2週連続で録画ドラマを視聴しました。もちろんクリスティの名探偵ポアロです。ハードディスクが1TBしか  続きを読む

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください