やっぱり子テーマ化

閲覧数: 23(0)

テーマ更新の度に「今度こそ子テーマ化しないぞ!」と意気込むものの、しばらくすると「やっぱり納得いかないなぁ」となり、子テーマを作成してしまいます。今回もそのご多聞に漏れず、、、子テーマ化してしまいました。

と言っても、今回の子テーマで実現する部分は僅かです。大部分を追加CSSのみで対応しているのはそのままです。子テーマで対応したのは、トップページに表示される抜粋に「イイネ!」が含まれることを防止する事です。本文が十分に長い(200文字以上)記事であれば、本文に含まれる「イイネ!」などが抜粋に表示されることはありませんが、稀に記事が短い本文だった場合、本文に含まれる「イイネ!」までトップページの抜粋に含まれてしまいます。実害は無いのですが、表示上あまり美しく無いということで、過去にも子テーマで対応していました。最近は本文の短い記事は書いていなかったのですが、過去記事にもいくつか「イイネ!」が含まれてしまう短い本文の記事があるので、涙を飲んで子テーマで対応することにw

「Fotografie」テーマではトップページを表示するコードは「components/post/content.php」にあります。

                        <div class="entry-summary">
                                <?php the_excerpt(); ?>
                        </div><!-- .entry-summary -->
                        <div class="entry-summary">
                        <?php   ob_start();
                                        the_excerpt();
                                        $str=ob_get_contents();
                                ob_end_clean();
                                if (mb_strpos($str, "いいね") === FALSE){
                                        $pieces = explode("取り消す", $str);
                                } else {
                                        $pieces = explode("いいね", $str);
                                }
                        echo $pieces[0];?>
                        </div><!-- .entry-summary -->

これで抜粋に「いいね!」が含まれることを防ぐ事が出来ます。子テーマ化自体は従来のやり方と同じです。最低限、必要なファイルは「index.php, functions.php, style.css」です。style.cssに「Template」セクションを追加して「親テーマ名」を指定しますが、これはフォルダ名(大文字、小文字の区別有り)ですのでご注意を。このテーマの場合「Fotografie」ではなく、「fotografie」を指定します。

ちなみに、この記事の冒頭で「いいね!」を「イイネ!」と表現しているのは、抜粋で足切りされるのを防止するタメですw

カテゴリーIT閑話, 公開
管理画面を制限する
2021年2月22日

このサイトではネット上のさまざまな攻撃からの防御のため、Wordfenceプラグインの無料版を使用し  続きを読む

フォントを変えてみた
blank
2021年2月13日

ネタ切れです。テーマ変更も時間が無くて手付かずです。イメージを変えるためにサイトで使用しているフォン  続きを読む

新年早々の非互換対応
blank
2021年1月1日

昨年から先送りしていた「mediawiki」のマイナーバージョンアップ(2020/12/18リリース  続きを読む

Death in Paradise
blank
2020年12月27日

イギリスBBC制作のテレビドラマ、邦題は何故か「ミステリーinパラダイス」。。。原題の「Death.  続きを読む

検索精度を高める
blank
2020年11月1日

検索ネタを連発するのはElasticsearchやElasticPressがバージョンアップした時の  続きを読む

EP日本語設定2020年版
blank
2020年10月29日

ElasticsearchをWordpressで利用するためのプラグインであるElasticPres  続きを読む

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください