やっぱり子テーマ化

閲覧数: 23(0)

テーマ更新の度に「今度こそ子テーマ化しないぞ!」と意気込むものの、しばらくすると「やっぱり納得いかないなぁ」となり、子テーマを作成してしまいます。今回もそのご多聞に漏れず、、、子テーマ化してしまいました。

と言っても、今回の子テーマで実現する部分は僅かです。大部分を追加CSSのみで対応しているのはそのままです。子テーマで対応したのは、トップページに表示される抜粋に「イイネ!」が含まれることを防止する事です。本文が十分に長い(200文字以上)記事であれば、本文に含まれる「イイネ!」などが抜粋に表示されることはありませんが、稀に記事が短い本文だった場合、本文に含まれる「イイネ!」までトップページの抜粋に含まれてしまいます。実害は無いのですが、表示上あまり美しく無いということで、過去にも子テーマで対応していました。最近は本文の短い記事は書いていなかったのですが、過去記事にもいくつか「イイネ!」が含まれてしまう短い本文の記事があるので、涙を飲んで子テーマで対応することにw

「Fotografie」テーマではトップページを表示するコードは「components/post/content.php」にあります。

                        <div class="entry-summary">
                                <?php the_excerpt(); ?>
                        </div><!-- .entry-summary -->
                        <div class="entry-summary">
                        <?php   ob_start();
                                        the_excerpt();
                                        $str=ob_get_contents();
                                ob_end_clean();
                                if (mb_strpos($str, "いいね") === FALSE){
                                        $pieces = explode("取り消す", $str);
                                } else {
                                        $pieces = explode("いいね", $str);
                                }
                        echo $pieces[0];?>
                        </div><!-- .entry-summary -->

これで抜粋に「いいね!」が含まれることを防ぐ事が出来ます。子テーマ化自体は従来のやり方と同じです。最低限、必要なファイルは「index.php, functions.php, style.css」です。style.cssに「Template」セクションを追加して「親テーマ名」を指定しますが、これはフォルダ名(大文字、小文字の区別有り)ですのでご注意を。このテーマの場合「Fotografie」ではなく、「fotografie」を指定します。

ちなみに、この記事の冒頭で「いいね!」を「イイネ!」と表現しているのは、抜粋で足切りされるのを防止するタメですw

カテゴリーIT閑話, 公開
ラズパイ4のメンテナンス

海外からの接続用として大活躍しているラズベリーパイなのですが、以前使っていたバージョン3から現在は4  続きを読む

Zabbix 5.0を導入する
blank

もうね、完全にネタ切れw、ITネタで突っ走るしかない。今回は久しぶりのZABBIXネタと、それが稼働  続きを読む

北海道ドライブ旅1日目
blank

今日は小樽からオロロンラインを一気に北上して稚内を目指します。今回のドライブ旅での最長レグで6時間半  続きを読む

北海道ドライブ旅0日目
blank

コロナ禍ではありますが、そもそもお酒を飲まないのでリスクが高いと言われる飲食店での長時間滞在もしない  続きを読む

北海道ドライブ旅2日目
blank

今日は宗谷岬から日の出岬への旅です。タイトル画像が宗谷岬にある最北端の碑です。前日の宿泊地は宗谷パレ  続きを読む

非互換対応再び
blank

サイトのお守りというのは、言い換えれば「それらを構成するソフトウェア群とそれらが稼働するハードウェア  続きを読む

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください