ウォルター・ビショップ博士

閲覧数: 718(3)

Fringeの主要3キャストのうちの1人で、世界の混乱を招いた張本人でもある。ドラマスタート時点では、その天才的な能力が世界の破滅を招くと自ら悟り、共同研究者であった、ウィリアム・ベルによる脳切除手術により、覇権主義的な性格は欠如しているが、その代償として、過去の記憶の一部や、現在の言動においても注意力散漫気味の事もあり、ドラマスタート時点では、ある意味、愛らしいキャラクターとして描かれているが、本来の性質はもう一つの世界のウォルターネートに近いと思われる。

アインシュタインの再来と言われ、ハーバード大学でウィリアム・ベルと共同研究を行なっていた。ウィリアム・ベルは、前述の手術後、マッシブ・ダイナミックという会社を興し、ドラマスタート時点では世界で5本の指に入る巨大なハイテク企業となっていた。マッシブ・ダイナミックのナンバー2である、ニーナ・シャープは共同研究時代からの仲間であったようである。ウォルターの暴走に巻き込まれ、右腕を切断する大怪我を負っているが、マッシブ・ダイナミック社製のハイテク義手により、日常生活には不自由はないようである。2036年時点では、修理出来る技術者がいないのか、多少不調気味であったが、21年ぶりにアンバーから復活したウォルターにより修理されている。

ウォルターにより2つの並行世界があることが発見され、並行して起こっていた、息子ピーターの遺伝的な病気による死後、ウォルターは並行世界のピーターも同じ病気であることを知り、並行世界のピーターを助けようと、こちらの世界に連れて来てしまう。この時、ウォルターを止めようとしたニーナは両世界を繋ぐ機械によって右腕を切断されてしまう。本来は並行世界のウォルターが発見したものの、見逃してしまった新薬の効果で、向こうのピーターは命を長らえることができたが、ウォルターはピーターを向こうの世界へ返さなかった。

その後、ウォルターは、世界の破壊という恐ろしい構想を研究室で焼却しようとした際、助手を巻き込み焼死させたことで、致死罪に問われ、精神障害を理由に、精神病院へ入院することで刑事罰を逃れている。この入院後にベルにより脳切除手術が行われたとの記述もある。17年間の入院生活で、治療と称して様々な薬物を投与された影響で、日常生活に支障を来す場合もあるが、ピーターやアストリッドのサポートで何とか仕事と生活を両立させている。

一方、向こうの世界は、ウォルターがピーターを助けるために世界を繋いだことと、ピーターを返さなかったことにより、徐々に破滅へ向かって進み始め、その影響はこちらの世界にも及び始める。シーズン1や2はこの物語を背景にドラマが進む。当初は、一方が相手を滅ぼす事で生き延びようとするが、シーズン3で、両方の世界が協力しないとどちらも助からないとわかり、ピーターが両世界を繋ぎ、破滅から逃れるが、そのせいでピーターの存在はなかった事になってしまう。

シーズン4は、両方の世界がピーターの記憶を取り戻し、諸悪の根源を突き止める話であるが、そもそも、両世界を破壊し、新しい世界を作る構想を考え出したのは、かつてのウォルターであったことが、ベルにより明かされる。その考えに驚嘆したウォルターはベルに頼んで脳切除手術を受けていたのであった。

今や、完全に暴走し、両世界を破壊し、新たな世界を作ろうとしたベルを、オリビア、ウォルター、ピーターの3人が食い止めるが、ベルは逃れてしまう。世界を救ってシーズン4が終わるが、全く別の危機が襲ってくるのがシーズン5である。

少しドラマの設定について解説しよう。まず、「アンバー」和訳すると「琥珀」であるが、まさに琥珀のような固体化するガスを使った、ブラックホールの拡大を防ぐアイデアである。向こうの世界で開発され、ブラックホールによる世界の崩壊を防ぐ目的で使われている。初期型がこちらの世界のシーズン1で使われているが、その際はアンバーに取り込まれた人は窒息死している。その後の改良で、アンバーに取り込まれても窒息死しない仕様となり、シーズン5ではアンバーからピーターやビショップ、オリビアなどを21年ぶりに娘であるエッタが救出している。ただし、アンバーの使用は緊急を要する場合が多く、数万人の規模でアンバーに巻き込まれ、死亡を宣告される人が多発した。実際にはアンバーをレーザーで再ガス化すると救出できることがわかっているが、アンバーをガス化するとブラックホールも復活するので行われない。

「監視人」人類の歴史上、大きな転換点には必ず出没し、人類の行動を「監視」してきた。未来の人間が、脳の感情部分を抑え、知性を極度に発展させることにより、予知能力など、高度な知性と能力を持った人間である。培養によって誕生し、感情を持つことは無いとされてきた。未来から12人の「監視人」がやってきて人類を監視する過程で、「監視人」自身が持たないはずの感情を持ち、ウォルター達と交流することで、未来を変え、「監視人」による侵略を防ぐことになるのが、シーズン5のメインストーリーである。

【最終更新日: 2017年10月8日】
カテゴリー公開, 映画・本タグ
ファイナル・シーズン
blank
2016年10月16日

Fringeのファイナル・シーズン観終わりました。最初から完結する予定で製作されているので、過去エピ  続きを読む

Fringe祭り
blank
2016年10月5日

フリンジ シーズン1から4がアマゾンプライムに登場した。2008年から2013年にかけてFOXで5シ  続きを読む

ファントム/開戦前夜
blank
2017年11月28日

2013年のアメリカ合衆国の戦争映画「Phantom」の邦題。Wikipediaによれば「東西冷戦下  続きを読む

パニック・トレイン
blank
2017年11月26日

2013年のイギリス映画「Last Passenger」の邦題。「ヒッチコック映画のようだ」と絶賛さ  続きを読む

ONE DAY
blank
2017年10月28日

邦題は「ワン・デイ 23年のラブストーリー」ロネ・シェルフィグ監督による2011年のイギリス映画であ  続きを読む

死者のあやまち
blank
2017年10月28日

1956年に発表されたアガサ・クリスティの長編推理小説「Dead Man's Folly」の邦題。W  続きを読む

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください