エレメンタリー祭り

閲覧数: 24(0)

アマゾンプライムでシーズン1から5まで一気見中w 既にシーズン4突入していますが、シーズン4冒頭でシャーロックの父登場。シーズン3最終話で売人の男ともめた後、シャーロックが住むビル(ちなみに父所有の不動産)の屋上で虚ろな目をするシャーロックにワトソンが「父親が会いに来る」と話しかけるシーンで終了。そしてその屋上で数年ぶりに再会する親子のシーン、振返る父、なんと「ウォルター・ビショップ博士」じゃないですかーーーしかもウォルターというよりはウォルタネイト(パラレルワールドの向こうのウォルター)の方w いやー懐かしいなぁ。年代的にも「Fringe」終了後にこっちに出演したるみたい。

どちらかと言うと「悪(裏)」の世界の顔って役みたいで、その力を使っていろいろ手を回したりしてる。そもそもワトソンがシャーロックの相棒になるきっかけを作った人でもある。ドラマの最初の頃はリハビリ施設から出たシャーロックの6週間限定の付き添い役だった。約束の期間が終了してもシャーロックのもとを去らなかったワトソンを相棒として雇った(認める)ところから話が展開する。「売人半殺し+クスリ再発」のため警察顧問から去らなければならなかったところ、父の裏の力を使って顧問復活とか。。。多少安易な脚本感は否めない、だったら最初から再発設定にすべきでは無いと思うけど、このドラマの脚本家群はこの「絶体絶命」+「その後無理やりチャラ」設定が好きみたい。。。

ドラマ自体はシーズン7まであって、日本ではこれから放送予定なので無料視聴はシーズン5で一旦終了。有料コースまでは行かないと思う。。。

カテゴリー公開, 映画・本タグ
エレメンタリー

キャッスル熱が覚めたと思ったら今度は「エレメンタリー」熱がw その間に仲間由紀恵のトリック劇場版にハ  続きを読む

死者のあやまち
blank

1956年に発表されたアガサ・クリスティの長編推理小説「Dead Man's Folly」の邦題。W  続きを読む

死との約束
blank

1938年に発表されたクリスティの長編「Appointment with Death」の邦題、Wik  続きを読む

マースドン荘の惨劇
blank

ここのところ、シャーロック3の再放送や、ポアロの再放送のおかげで、週末に録画を観る楽しみが増えた。思  続きを読む

鳩のなかの猫
blank

1959年に発表されたクリスティの長編「Cat Among the Pigeons」の邦題、Wiki  続きを読む

そう言えば
blank

前回のポアロ記事「死との約束」の中で昔話が出てきます。昔、商人がバグダットで死神に出会います。死神は  続きを読む

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください