エレメンタリー

閲覧数: 24(0)

キャッスル熱が覚めたと思ったら今度は「エレメンタリー」熱がw その間に仲間由紀恵のトリック劇場版にハマったりしていましたが。ハマるならやっぱ海外ドラマでしょーってことで、アマゾンプライムに登場したので早速シーズン1から視聴開始。意外に面白い!設定は現代に蘇ったシャーロック・ホームズなんですが、舞台がロンドンからニューヨークになっていたり、相棒のワトソンが女性だったりと捻りが効いている。その上、ほぼ「水戸黄門」状態で、BBCドラマ「シャーロック」より脚本に難解さがなく(褒めてる)今のところゴクゴク飲める炭酸水って感じ。BBC版はコントレックスかw

邦題が酷いのはいつものことだけど、原題「ELEMENTARY」をどうやったら「エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY」になっちゃうのか理解に苦しむ。いやホントに。ちょっと調べれば舞台版の名台詞「Elementary, my dear Watson. (初歩的なことだよ、ワトソン君)」から取られていることは明白で、邦題だって「エレメンタリー」の方がマニア受けしたと思うのに。日本では一般受けしないとハンコ押してもらえないから泣く泣くこんな変なタイトルになってしまっのでしょう。担当者かわいそ。映画なんかだと配給側の問題というより劇場側の問題で、地方の劇場の支配人でもわかるタイトルにしなければならない、と言う強迫観念から変な邦題がつけられるらしいけどドラマなんて関係ないと思うんだけどね。

まだシーズン1なのでどうなるかわかんないけど後半に来て宿敵「モリアーティ」とかも登場して多少脚本も複雑になってきた。これを乗り越えればなんとかなるか、、、シーズン6まであるんだとか、長いなw

キャストは、シャーロック・ホームズが「ジョニー・リー・ミラー」でジョーン・ワトソンが「ルーシー・リュー」です。歳のせいか最近流行りの難解なドラマより単純なドラマの方が観るのが楽。シーズンいっぱい伏線を引っ張られても疲れるだけ。せめて2話ぐらいでまとめてくれないとついて行けないw

しばらく「エレメンタリー」祭りなんでここの更新は今以上に疎かになります。申し訳ございません。

カテゴリー公開, 映画・本タグ
関連記事
エレメンタリー祭り
2019年2月28日

アマゾンプライムでシーズン1から5まで一気見中w 既にシーズン4突入していますが、シーズン4冒頭でシ  続きを読む

そう言えば
blank
2017年10月17日

前回のポアロ記事「死との約束」の中で昔話が出てきます。昔、商人がバグダットで死神に出会います。死神は  続きを読む

死との約束
blank
2017年10月15日

1938年に発表されたクリスティの長編「Appointment with Death」の邦題、Wik  続きを読む

鳩のなかの猫
blank
2017年10月14日

1959年に発表されたクリスティの長編「Cat Among the Pigeons」の邦題、Wiki  続きを読む

今週もいろいろ
blank
2017年9月29日

最近は自分で思っているより忙しいようで気が付けば金曜日ということが少なくない。もう少し余裕をもって仕  続きを読む

マースドン荘の惨劇
blank
2016年4月17日

ここのところ、シャーロック3の再放送や、ポアロの再放送のおかげで、週末に録画を観る楽しみが増えた。思  続きを読む

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください