コックを捜せ

閲覧数: 62(0)

水曜日の夕方5時から、ハイビジョンリマスター版のポアロ(番組的にはポワロw)の再放送があり、見逃した回を録画して楽しんでおります。今週の再放送は「ミューズ街の殺人」でした。でも先週分をまだ観ていなかったので、今日は、その「コックを捜せ」というお話です。これも短編集「教会で死んだ男」の収録です。

名探偵ポアロのほぼオールスターキャスト(除くチームポアロw)って感じで、だいたいこの人達が、様々なメイクアップを駆使して、別人になりすまして毎回登場している。(ような気がするだけで、実際はもっと大勢いると信じたいw) 本当は、これは「ヘラクレスの難業」に登場する人達ですw

さて、「コックを捜せ」ですが、今でもそうなのかはわかりませんが、当時、ロンドンは家賃が高かったようで、中流の一軒家でも下宿人を受け入れるのが一般的だったようです。時代はもう少し遡りますが、シャーロックホームズだって、ハドソン夫人のところの下宿人ですから、当時のスタンダートと言っても差支えはなさそうです。そして中流といえども、コックやメイドを雇っているんです。今回はそのコック(ちなみに原作は料理人と訳しています。そしてこのコックもメイドも女性です)が突然行方不明になり、ポアロのところに探して欲しいとトッド夫人が頼みに来たところから事件が始まります。

短編集「教会で死んだ男」に収録された話では、ポアロは面白い事件に巡り会えず、自宅マンションでくさっているんですw ヘタレのヘイスティングスが手紙で依頼が来た事件を読んで聞かせますが、どの事件も食指が動きません。そこへ飛び込んできたのがトッド夫人でした。最初はやんわりと断ろうとしますが、「普通の家で、優秀なコックが行方不明になるのは、国家の一大事と同じぐらい重大なことだ」と言う夫人の独特な意見にあっさり前言を翻し、引き受けてしまいます、でもヘタレのヘイスティングスに向かって、ジャップ警部には内緒にというところが笑えますw

消えたコックと、下宿人である銀行員のシンプソン、両方がトッド夫人の家にいるという、ある意味、超御都合主義ではありますが、コックが持っていた大きなトランクが欲しかった、シンプソン。そのために壮大なウソをコックに語るシンプソン。そしてコックを田舎へ追いやり、奪ったトランクに死体を隠し、シンプソンは南米へ高飛び寸前で、ポアロによって捕まります。シンプソンは殺人を犯したので、絞首刑の予定ですw

短編からのお話なので、いろいろ増量テクニックが使われていますが、現代では実現不可能な(トリックとしては成立しない)プロットのお話でした。

【最終更新日: 2017年11月5日】
カテゴリー公開, 映画・本タグ,
関連記事
死者のあやまち
blank
2017年10月28日

1956年に発表されたアガサ・クリスティの長編推理小説「Dead Man's Folly」の邦題。W  続きを読む

ハロウィーン・パーティ
blank
2017年10月21日

1969年に発表されたクリスティの推理小説「Hallowe'en Party」の邦題、Wikiped  続きを読む

そう言えば
blank
2017年10月17日

前回のポアロ記事「死との約束」の中で昔話が出てきます。昔、商人がバグダットで死神に出会います。死神は  続きを読む

死との約束
blank
2017年10月15日

1938年に発表されたクリスティの長編「Appointment with Death」の邦題、Wik  続きを読む

鳩のなかの猫
blank
2017年10月14日

1959年に発表されたクリスティの長編「Cat Among the Pigeons」の邦題、Wiki  続きを読む

マギンティ夫人は死んだ
blank
2017年10月1日

2週連続で録画ドラマを視聴しました。もちろんクリスティの名探偵ポアロです。ハードディスクが1TBしか  続きを読む

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください