コンテナとFirewall

閲覧数: 32(0)

三日連続のdockerネタです。前回の「コンテナの自動起動」でサーバーを再起動した時にコンテナ(php-fpm)を自動起動するところまでたどり着いたので、通常運用へ移行するためファイアウォール(firewalld)を起動したところWordpressで「データベース接続確立エラー」が出てブログが表示されなくなりました。

dockerは仮想環境なのでホストOS内で稼働しているように見えて実際にはdocker配下の仮想ネットワーク上でコンテナが稼働しています。ファイアウォールを設定した時にはdockerの仮想ネットワーク環境は存在しなかったためコンテナが使う仮想インタフェースのことが考慮されていませんでした。急遽ファイアウォールのゾーンにコンテナの仮想ネットワークを追加して動作確認を行いました。仮想インターフェイスを追加したゾーンは「trusted」としました。信頼されるゾーンなので「ACCEPT」が基本です。このコンテナはそもそもphp-fpmのみを稼働させる目的のコンテナなので信頼しても大丈夫だと思っています。

$ sudo firewall-cmd --list-all --zone=trusted
trusted (active)
  target: ACCEPT
  icmp-block-inversion: no
  interfaces: br-656d475e26cb
  sources: 
  services: 
  ports: 
  protocols: 
  masquerade: no
  forward-ports: 
  source-ports: 
  icmp-blocks: 
  rich rules: 

まだdockerが仮想環境を利用しているって感覚が薄く最初は接続出来ない理由がわからず多少調べるのに時間がかかってしまいました。ローカルの環境では経験していたのでわかってはいたのですが本番環境はデータベース接続がそもそもリモートなので言語環境が仮想化されたってことを失念していました。次回の再起動時には忘れないように対処する必要があります。と言う事でメモを兼ねた記事でした。

カテゴリーIT閑話, 公開タグ, , ,
ElasticPress 3.5.6

マイナーバージョンアップにも関わらず、検索スコアリングのパラメータが微調整された結果、期待する検索結  続きを読む

緊急事態宣言で外出自粛になり...
blank

せっかくのゴールデンウィークなのに、2年連続で緊急事態宣言下となり、外出自粛中。暇なので小ネタで遊ぶ  続きを読む

閃きは大事だw
blank

このサイトは、あくまでもCMSであるWordPressの構築やクラウドであるAWSの運用ノウハウ取得  続きを読む

タイトルを抜粋する
blank

関連記事プラグインを使って、記事本文の下に「関連記事」を表示している。情報としては、タイトル、画像、  続きを読む

検索精度を高める
blank

検索ネタを連発するのはElasticsearchやElasticPressがバージョンアップした時の  続きを読む

ページナビのテキスト
blank

記事ページの下部に前後の記事(投稿)へのリンクが表示される仕様なのだが、「カテゴリーに制限」をかけて  続きを読む

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください