ダメだし

閲覧数: 39(0)

残念ながら、ダメだしをくらった「ジョニー・ウェイバリー誘拐事件」w
そこは短編ですから、かなり脚色されていると思いますよ。原作は短編集「愛の探偵たち」から、「ジョニー・ウェイバリーの冒険」をベースにした作品でした。

奥さんが金持ちで、ご主人は見栄っ張りの元地主?昔は見渡す限りの土地が領地だったのに、今や残っていないという。時代の波に翻弄されて、落ちぶれた没落貴族みたいなものか。お金も無いのにあんな大きなお屋敷や使用人を雇っているなんて矛盾しているよね。収入に見合った支出が基本、やべ無謀な自分にブーメランw

原作には原作の、映像化されたドラマ作品にはドラマ作品の、それぞれの良さがあるんだけどなぁ。

夕食の侘しさとか、朝食の情けなさって言ったら無いよね。あれでよくゲストを泊める気になるな。執事が奥さんを嫌っているからあてつけか?あれに比べればヌエボボストンの朝食はミラクルだなw

img_1324

さて、今週の土曜日は「二重の手がかり」です、原作は短編集「教会で死んだ男」から。ポアロの初恋?どうせ興味ないと思うけどw

カテゴリー公開タグ,
死者のあやまち
blank
2017年10月28日

1956年に発表されたアガサ・クリスティの長編推理小説「Dead Man's Folly」の邦題。W  続きを読む

ハロウィーン・パーティ
blank
2017年10月21日

1969年に発表されたクリスティの推理小説「Hallowe'en Party」の邦題、Wikiped  続きを読む

そう言えば
blank
2017年10月17日

前回のポアロ記事「死との約束」の中で昔話が出てきます。昔、商人がバグダットで死神に出会います。死神は  続きを読む

死との約束
blank
2017年10月15日

1938年に発表されたクリスティの長編「Appointment with Death」の邦題、Wik  続きを読む

鳩のなかの猫
blank
2017年10月14日

1959年に発表されたクリスティの長編「Cat Among the Pigeons」の邦題、Wiki  続きを読む

マギンティ夫人は死んだ
blank
2017年10月1日

2週連続で録画ドラマを視聴しました。もちろんクリスティの名探偵ポアロです。ハードディスクが1TBしか  続きを読む

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください