ドイツパン屋@レオン

閲覧数: 68(0)

レオンにもドイツパン屋がある。2月のある日、10時ちょっと前に通りかかったところ、まだ開店準備中。店のおばさんが、スペイン語の通じない外国人だと思ったのかどうかはわからないが、両手を開いて、たぶん「10時からよ」と教えてくれている。じゃあ後で寄るかと、そのまま中華食材屋へ。そして帰り道、再びドイツパン屋。ドイツといえば、プレッツェル。でもこのパン屋さんでは受注生産とのこと。あらかじめオーダーが必要なのね。しかも他のパンに比べて少し割高でもある。それでもプレッツェルをオーダー、2日後には出来るから、と言うおばさんの言葉を背に、期待に胸を膨らませてピソへ帰る。

そして2日後、そそくさと店内へ、真っ先に目に飛び込んできたのが、たくさんのタイトル画像のパン。内心「まさか、これじゃないよな!これはきっとスペインのパンに違いない。プレッツェルは店の奥にあるよね。」と言い聞かせつつ、お店のおばさんに聞いてもらうと、なんとこれとのこと。えっ?これがプレッツェル?ちょっと違くないかい。その時、自分がどんな顔をしていたのかと思うと、今から思えば笑い話だわなw

image

写真だと分かりにくいけど、ドイツのプレッツェルはこんな感じ、スリムです。味はわりと近かったけど、肉厚過ぎてプレッツェルのテイストがスポイルされておりました。その後は料理の天才である麻弓先生の手作りプレッツェルをいただくことになり、ドイツパン屋でオーダーすることは無くなりました。2月頃はまだドイツかぶれが残っていたけど、今やそんな思いは何処へやらw スペイン好きに宗旨替え、素早いチェンジが生き残りの鉄則かw

IMG_0445

こちらは日本のドイツパン屋のプレッツェル。吉祥寺のドイツパンの店「リンデ」。焼きたては美味しいのですが、日本の気候ではすぐに湿気にやられてしまいます。

【最終更新日: 2015年10月26日】
カテゴリースペイン, 公開, 食べ物タグ,
秋のスペイン続編
blank

秋と言えば、やっぱり「食欲の秋」でしょうってことで、続編は食べ物を中心にご紹介します。タイトル画像は  続きを読む

バラハス空港−T2到着編
blank

バラハス空港のターミナル2に到着後の動線です。全体のイメージ図を下に示します。出発時と同様にパリから  続きを読む

クリスマス’19
blank

やっぱり北スペインの冬は寒い。。。イルミネーションは綺麗だけど長時間の外出は体の芯まで冷えてしまいま  続きを読む

秋のスペイン本編
blank

フランクフルト経由で無事にマドリッド到着。今回はマドリッドで1泊します。しかもいつものチャマルティン  続きを読む

欧州出張バルセロナ編
blank

転職後初の欧州出張となりましたが、SARS-CoV-2ウィルスによるCOVID-19感染症の拡大によ  続きを読む

秋のスペイン復路
blank

初めての秋スペインですがあっと言う間に1週間経ってしまい、残念ながら帰国です。復路も往路と同じフラン  続きを読む

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください