フランス料理

閲覧数: 20(0)

日常生活ではおよそ縁のないフランス料理です。元同僚の友人と10年ぶりに訪れた「マノワールディノ」南青山のフランス料理店。実はマダムも元同僚なのです。ご主人が有名なフレンチシェフ(シェイノ)だけあってこの店のシェフも直伝の味で折り紙付き。

ムースもトウモロコシから作られています。使われているトウモロコシは「ゴールドラッシュ」いい名前だw

ホワイトアスパラを使った料理はこのお店ではこの時期の定番。ドイツ産のホワイトアスパラです。サーモンと手長海老もご一緒にどうぞ!ソースも美味しかった。

blank

お魚料理はソースにも注目。調子に乗ってフランスパンで食べているとメイン料理の前にお腹いっぱいになってしまいます。

blank

そしてメインは「フランス産仔牛」。日本人が好きな「霜降り系」と比較すれば「赤身系」ではあるけれど肉質はあくまでも柔らかい。調理の仕方が絶妙ということでもあると思う。シェフの本領発揮です。こちらのソースもフランスパンで頂きます。美味いものでお腹いっぱいになるのはやっぱり幸せなことです。いわゆる「美食」を批判する人は多い。確かにこの料理と同じカロリーと栄養価は「カロリーメイト」と「サプリメント」でも取得することは可能ではある。でも心までは満たせない。自分にとってはクルマも同じ、クルマの維持費よりタクシー代の方が安いという人は、きっとフランス料理なんて食べずにカロリーメイトとサプリメントでカロリーと栄養を摂取しているのでしょう。クルマは温室効果ガスへの悪影響が言われていますが美食も同じこと。動物性タンパク質を育てるために必要な植物性タンパク質は同じ量のタンパク質に対して10倍以上かかると言われている。肉を食べるために10倍の植物性タンパク質を使うぐらいなら植物性タンパク質のまま摂取すればいい。

たぶん「美食」も「クルマ」も人間の存在そのものを問うているのだと思う。無闇な殺生や作り過ぎから廃棄するなど改めるべき点は多々あるが、だからと言って「カロリーメイト」と「サプリメント」で良いとは思わないし、「タクシー代の方が安い」と指摘する有識者の意見には全く賛同できない。一人一人違う考えだから一律何かが悪という言い方はやめた方が良いと思う。最近の日本は極端な表現方法が多いように思う。

blank

食後のチーズビュッフェから選んだのは「熟成チーズ」。スペインで言えば「CURADO」よりは「SEMI-CURADO」の方に近いぐらいの熟成度でした。個人的にはもっと熟成されていてもOKだけんねw

blank

デザートはジェラートの盛合せ。頑張って「OL風」写真を撮って来たけど、最後に気が抜けて写真を撮る前に食べちゃいましたw 今回お邪魔したおっさん4人の年齢を足してみたら。230歳でした!

blank

【最終更新日: 2018年7月26日】
カテゴリー公開, 食べ物
シカゴピザ
blank
2019年6月27日

なるものを初めて食べました。タイトル画像がそれです。ディープディッシュピザとも呼ばれている、その名が  続きを読む

JALの機内食:洋食編
blank
2018年6月10日

例によってネタ切れw 写真を整理していたら過去に使った事のない写真を発見!2017年4月パリからの復  続きを読む

DASHしないカレー
blank
2018年5月27日

強制わいせつで起訴されたメンバーが抜けて、4人になったTOKIOがやってる日本テレビの「ザ!鉄腕!D  続きを読む

機内食
blank
2017年5月8日

飛行機に乗る楽しみの一つに機内食があるそうです。個人的には他にすることもないから出て来たトレーを完食  続きを読む

あなたのお昼はどんなご飯?
blank
2016年11月23日

平日は、会社のカフェテリアか、会社周辺でお昼を食べています。最近ハマっているのは「刀削麺」その名の通  続きを読む

最近の晩御飯
blank
2016年11月17日

コンビニの、シーザーサラダ、おにぎり(梅とシャケ)、リポビタンゴールド、オランジーナ Holiday  続きを読む

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください