マースドン荘の惨劇

閲覧数: 98(0)

ここのところ、シャーロック3の再放送や、ポアロの再放送のおかげで、週末に録画を観る楽しみが増えた。思い残すことがないように、観たいものを見られる時に観ておく。

シャーロック3は次のシーズンへ向けての興味喚起が目的。いよいよ来るぞシーズン4。とはいえ、シーズン1の衝撃に比べれば、シーズン2や3は普通に感じてしまうから、人間って欲張りなんだな。シャーロック3の第1話は「空の霊柩車」。ワトソンがテロリストに捕まって、危うく焼き殺されそうになります。英国では、11月5日は「ガイ・フォークスの日」として、日本で言えば、どんど焼きみたいな大掛かりな焚き火や花火で祝います。シャーロックがこのエピソードの時、ポアロの再放送は「ミューズ街の殺人」でした。ポアロのエピソードも「ガイ・フォークスの日」のお話で、ポアロとヘイスティングスはジャップ警部と一緒に公園へ出かけ、花火を見た帰り道、ヘイスティングスが「これだけ花火の騒音がうるさいと、殺人にはもってこいですね。」と言うような話をしながら、「ミューズ(厩)街」を歩いて帰りますが、翌日、そのミューズ街でピストルで撃たれて死んでいる女性が発見されるのです。この事件は、実は殺人ではなくて、自殺なのですが、自殺の原因を作った相手(恐喝者)を殺人犯に仕立て上げて、報復しようとしたものです。警察は危うく騙されるとことでしたが、ポアロの活躍で自殺の真相が明かされて一件落着ですが、恐喝者も懲らしめて欲しいところです。

で、マースドン荘の惨劇。マースドン荘には昔、若い女が自殺したとかという幽霊伝説があり、そこの主人は手術したばかりで、体力も気力も弱っていて、幽霊が出たらポックリ逝ってしまいそう。に見えるけど、実は体は頑強に出来ていて(主治医談)、年の差婚の若い妻の思惑は大きく外れてしまいます。そうそう高額の保険金をかけて、さっさと始末しようとしていたんですよ。今回は残念ながら毒殺じゃありません。警察の見立てでは、「事業に窮して負債を抱えたので、自分に高額の保険金をかけ、負債を一掃した上で若い妻に遺産を残そうと思い、夫が自殺した。」だったのですが、実際には妻による夫殺しだったわけです。

そもそも、ポアロがマースドン荘のある村にやってきたのは、村の宿屋の主人が推理小説オタクで、自分で書いた「殺人事件」の犯人がわからなくなったので、ポアロに解決してもらおうと思った、という突拍子もない理由です。手紙をちゃんと読まなかったポアロ「すわっ(本物の)殺人事件!」と(喜び)勇んでやって来たのですw ちゃんと読めよ。

もしポアロが偶然その村にいて、すぐに事件に取り掛かっていなければ、「幽霊」を見てびっくりして死んだことになっていたんだろうなぁ。収録は短編集「ポアロ登場」です。

【最終更新日: 2016年4月21日】
カテゴリー公開タグ, ,
関連記事
死者のあやまち
2017年10月28日

1956年に発表されたアガサ・クリスティの長編推理小説「Dead Man's Folly」の邦題。W  続きを読む

ハロウィーン・パーティ
blank
2017年10月21日

1969年に発表されたクリスティの推理小説「Hallowe'en Party」の邦題、Wikiped  続きを読む

そう言えば
blank
2017年10月17日

前回のポアロ記事「死との約束」の中で昔話が出てきます。昔、商人がバグダットで死神に出会います。死神は  続きを読む

死との約束
blank
2017年10月15日

1938年に発表されたクリスティの長編「Appointment with Death」の邦題、Wik  続きを読む

鳩のなかの猫
blank
2017年10月14日

1959年に発表されたクリスティの長編「Cat Among the Pigeons」の邦題、Wiki  続きを読む

マギンティ夫人は死んだ
blank
2017年10月1日

2週連続で録画ドラマを視聴しました。もちろんクリスティの名探偵ポアロです。ハードディスクが1TBしか  続きを読む

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください