世界遺産「Las Médulas」

閲覧数: 24(0)

2019年イースター休暇の最初の旅は世界遺産「Las Médulas」です。紀元前にローマ人が砂金を採取したことで台地が削られて現在のような景観となったそうです。場所はポンフェラダの少し南西方向にあります。


 
タイトル画像は展望台からの眺めですが、展望台周辺にはかつての坑道跡を歩くことも出来、その先には下の写真のような眺望が得られます。

先ほどの展望台から見ると下の写真のようになっています。紀元前にこんな土木技術を持っていたローマ人恐るべしです。

坑道の入り口は台地の裏側にあり狭い坑道を100mぐらい進むと絶景が待っていました。実はここにジムが2つありまして、、、置いてきましたw

blank

展望台への道はポンフェラダから来ると右折しますが、その道を直進すると「Las Médulas」の村があります。この村からも世界遺産へアクセス可能です。かなり歩きますが。村から歩き出すと遠くに下の写真のように山が見えてきます。パッと見はかなり距離がありそうですがワクワク感満載なので歩けますw

blank

間近に見るとこんな感じです。かなり見上げる高さがあります。スケール感があり過ぎてフレームに収まりませんw

blank

blank

この周辺の山をグルっと一回りして村に戻ります。たくさん歩いたのでたまごがドンドン孵化しました。ところでこの村の手前にオレリャン(Orellan)という街があります。映画「インディージョーンズ・クリスタルスカルの王宮」で中米に黄金を探しに行った「オレリャーナ」の一行と言うのが出てきます。スペイン人にとって「オレリャン」って黄金と同じ意味を持つぐらいこのローマ人による砂金採取はインパクトがあったということなのだと思います。いつの世も黄金に目がくらむ人が多いってことなんでしょうかね。

【最終更新日: 2019年4月27日】
カテゴリースペイン, 公開, 旅行・交通タグ, , ,
世界遺産「Alcalá de Henares」
blank
2019年4月20日

イースター休暇の後半も「世界遺産を巡る旅」です。チャマルティン駅から向かったのはマドリッド近郊(東部  続きを読む

夏休み’17-番外編
blank
2017年8月22日

今年の夏休みの旅をこれまで使わなかった写真で振返ってみたいと思います。まずはタイトル画像から、夜はこ  続きを読む

イースター休暇
blank
2017年4月16日

平日を休んで行ってきました。イースター休暇。スペインでは「セマナサンタ」と呼ばれています。往復とも成  続きを読む

世界遺産の街「エル・エスコリアル」
blank
2016年8月19日

後半の世界遺産を訪れる旅は、マドリッド近郊の「エル・エスコリアル」です。マドリッドの北西にあります。  続きを読む

世界遺産の街「クエンカ」
blank
2016年8月13日

今回は、レオン直行ではなくて、マドリッド近郊の世界遺産を訪れる旅程を組んでもらいました。ありがとうご  続きを読む

今週のハイライト
blank
2015年9月27日

シルバーウィークのスペイン滞在。出不精で引きこもりは遺伝だったのか、息子よ。帰り道に水道橋で有名な世  続きを読む

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください