句読点

閲覧数: 118(0)

縦書きの日本語では、例外なく「、(てん)」と「。(まる)」が使用される。これは決まりと言える。横書きの場合、さらに「,(カンマ)」「.(ピリオド)」が組合される場合が多い。その組合せも、「、」と「.」は少数派であるが、逆の「,」と「。」などは比較的多い組合せである。論文は「,」と「.」の使用が圧倒的に多いと思われる。

様々な原因が考察されているが、一番もっともらしい理由としては、ワードプロセッサー登場以前に、和文(縦書)の清書に使用した「和文タイプライターの制約」である。和文タイプライターで使用される句読点は、「、」と「。」である。ただし、和文タイプライターはもっぱら縦書きの清書を目的として作られていたため、「、」も「。」も縦書きに合わせて右上にオフセットされていた(と思われる)。和文タイプライターを使用して横書き文章を清書した場合、句読点をそのまま使用すると、右上に打たれてしまうのである。そこで、苦肉の策として、英文用に用意されていた、「,」と「.」を句読点の代わりに使用した、という主張である。

こうして完成した、横書きの論文が広まるにつれ、論文では「,」と「.」の使用が正しい用法であるという、(恐らく誤った)認識が広まり、今日に至っていると思われる。何事も、物事の本質を見ず、外形的な面だけで理解すると、本質を見失う典型である(と思う)。従って、本サイトでは、正しい日本語(縦書き)の用法である「、」と「。」を横書きでも推奨するものである。

と言うようなことを、Tsubopediaに書いたけど、最近は執筆者が一人なので、あんまり関係なかったなw

ただし、ネットでも圧倒的な意見が一つあって、読み易いのは「、」と「。」であるという。言われて見れば確かに「,」と「.」は何故か読む流れが止まるように感じる。

ちなみに、和文タイプライターの盤面というのは、↓こんな感じでした。小学校にあったなぁ、先生が一生懸命打ってたのを見た記憶がある。その頃、既に国語以外は横書きで使っていたと思う。

sh_wabun_s4_l

カテゴリー公開
管理画面を制限する
blank
2021年2月22日

このサイトではネット上のさまざまな攻撃からの防御のため、Wordfenceプラグインの無料版を使用し  続きを読む

フォントを変えてみた
blank
2021年2月13日

ネタ切れです。テーマ変更も時間が無くて手付かずです。イメージを変えるためにサイトで使用しているフォン  続きを読む

新年早々の非互換対応
blank
2021年1月1日

昨年から先送りしていた「mediawiki」のマイナーバージョンアップ(2020/12/18リリース  続きを読む

Death in Paradise
blank
2020年12月27日

イギリスBBC制作のテレビドラマ、邦題は何故か「ミステリーinパラダイス」。。。原題の「Death.  続きを読む

検索精度を高める
blank
2020年11月1日

検索ネタを連発するのはElasticsearchやElasticPressがバージョンアップした時の  続きを読む

EP日本語設定2020年版
blank
2020年10月29日

ElasticsearchをWordpressで利用するためのプラグインであるElasticPres  続きを読む

One Reply to “句読点”

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください