廃墟ツアー’18夏

閲覧数: 15(0)

今回も恒例の廃墟ツアーに行って来ました。まずは地図で場所を確認。赤いマーカーが置かれたのが「Grajal de Campos(グラハル(フラハル)・デ・カンポス)」という街です。「Sahagun(サアグン)」の南にあります。サアグンはレオンから見て西南方向、巡礼の道に沿いにある街です。


まずは修復中の修道院から。修復中なので廃墟と言うと怒られるかもしれませんが、ずいぶん長いこと修復中のようです。綺麗になり過ぎても困るし、瓦礫の山でも困ります。さじ加減が難しいところ。修道院の修復と言えば「修道院探訪」でも出て来ましたが、今回の修道院は少し修復度合いが進んでいるようです。

左側の大きな扉から中に入ります。面白いのは左側の建物と右側の建物が交わるところに抜け穴みたいな通路があることです。この通路を抜けると修道院裏の広場に出ます。

修道院の中も迷路のような通路があったり2階から降りる通路が別にあったりと、なんだか昔の人の遊び心を見るようで楽しかったです。こんな階段を降りると。

blank

こんな部屋に出ます。この部屋は修道院とは全く関係なく、村の珍品展示室と化していましたw だってシンガーのミシンや戦争当時の弾丸やグレネード弾とか、修道院には関係無いと思うんですけど。。。この村の歴史ってことなんでしょうけど。軽くスルーです。この部屋の壁に掛かっている絵画の城塞って「これ」のタイトル画像です。

blank

話を戻して、大きな扉から入った先は例によって回廊式です。右側の階段を使って上に上がります。この写真では上から写しています。2階も回廊となっていてタイトル画像がその写真です。

blank

手すりに置かれたライオンの彫像です。

blank

お尻から見るとこんな感じ。細部はほとんどすり減ってしまって、これの修復は難しい感じです。スペインで修復と言えば、お猿さんの絵とか、原色の彫像とかが有名ですが、ここがそんなことで有名にならないことを祈ります。

blank

やっぱり隠し扉みたいな感じの通路がありました。

blank

この奥が通路になっていまして礼拝堂が見える司教の部屋へと通じています。

blank

blank

修復はまだまだ続く感じです。

blank

blank

この修道院は現在では巡礼者の宿泊施設となっていて、一部が改装されて既に運営されています。ちょうど巡礼者のいない時間帯に訪問したので中を特別に見させていただきました。

blank

blank

開放型の二段ベットに男女別無く泊まるってことでしょうか?寝室の他にはダイニングとシャワー、トイレがあり、新しい施設のため内部はとても綺麗です。

blank

せっかくここまで来たついでに去年泊まった「修道院ホテル」へ寄ってトニックウォーターを飲んで来ました。スペイン語では「トニカ(Tonica)」です。

blank

blank

そして帰り道、本物の廃墟へ。

blank

砦だったのかなぁ?残念ながら崩れ過ぎていて原型を留めていないので用途は判らずでした。

blank

廃墟の詳細は「こちら」から。

【最終更新日: 2019年2月19日】
カテゴリースペイン, 公開タグ, ,
関連記事
欧州出張番外編
blank
2020年3月5日

欧州出張も後半が終わりバルセロナに戻ってきました。ここからは番外編です。マドリッドを経由してレオンへ  続きを読む

欧州出張バルセロナ編
blank
2020年2月23日

転職後初の欧州出張となりましたが、SARS-CoV-2ウィルスによるCOVID-19感染症の拡大によ  続きを読む

2020年の始まり
blank
2020年1月6日

新年は寒いけど良い天気になりました。寒くてレイドバトルどころじゃないけど。。。スペインは新年というよ  続きを読む

クリスマス’19
blank
2019年12月24日

やっぱり北スペインの冬は寒い。。。イルミネーションは綺麗だけど長時間の外出は体の芯まで冷えてしまいま  続きを読む

秋のスペイン復路
blank
2019年10月14日

初めての秋スペインですがあっと言う間に1週間経ってしまい、残念ながら帰国です。復路も往路と同じフラン  続きを読む

秋のスペイン続編
blank
2019年10月6日

秋と言えば、やっぱり「食欲の秋」でしょうってことで、続編は食べ物を中心にご紹介します。タイトル画像は  続きを読む

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください