最終更新日’18

閲覧数: 25(0)

今回のテーマ更新では、テーマ自体の改修は行わないポリシーですが、投稿日と最終更新日はやはり表示したいと思います。これまでは、子テーマを作成して、直接改修を行っていましたが、今回はプラグインで実現します。ベースにするプラグインは「Post Updated Date」です。オリジナルのコードでは、最終更新日が無いと投稿日が表示されてしまいますので、これまで使ってきたコードを移植して、更新があった場合のみ「最終更新日」を記事の右下へ表示する仕様へ変更します。

function wpt_updated_date($content) {

if ( esc_html(get_the_date(ymd)) < esc_html(get_the_modified_date(ymd))) {
        $wpt_updated_date= '<div style="text-align:right;font-size:0.8rem;margin:0 0 1em">【最終更新日: [post_updated]】</div>';

        if(is_single() && !is_home()) {
        $content = $content.$wpt_updated_date;
        }
        return $content;
    }
    return $content;
}

具体的には、get_the_modified_date(ymd)で更新日を取得して、その日付がget_the_date(ymd)で取得した「投稿日」より大きかった場合のみ、右下へ「最終更新日」を表示するコードを実行します。

理由は不明ながら、プラグインの名称が変更となったので改めて改修した部分を以下に記述しておきます。「Post Updated Date」だったプラグイン名が「Post Modified Date」となりました。内部の変数等もすっかり入れ替わっているので、上述の改修は以下のコードで実装することになります。最終更新日の後に日付けが入ってしまうのはショートコードが実行されるからです。この部分は”post_modified”をカギ括弧でくくったショートコードを記入して下さい。

function awd_modified_date($content) {

if ( esc_html(get_the_date(ymd)) < esc_html(get_the_modified_date(ymd))) {

	$awd_modified_date='<div style="text-align:right;font-size:0.8rem;margin:0 0 1em">【最終更新日: 2019年5月20日】</div>';

	if(is_single() && !is_home()) {
		$content = $content.$awd_modified_date;
		}
	}
	return $content;
}
【最終更新日: 2019年5月20日】
カテゴリーIT閑話, 公開タグ, , ,
管理画面を制限する

このサイトではネット上のさまざまな攻撃からの防御のため、Wordfenceプラグインの無料版を使用し  続きを読む

検索精度を高める
blank

検索ネタを連発するのはElasticsearchやElasticPressがバージョンアップした時の  続きを読む

ページナビのテキスト
blank

記事ページの下部に前後の記事(投稿)へのリンクが表示される仕様なのだが、「カテゴリーに制限」をかけて  続きを読む

閲覧数まとめ
blank

閃きついでに総合計と週合計をフラグで制御する方式に変更してみた。これまではベタに関数をまるまるコピー  続きを読む

緊急事態宣言で外出自粛になり...
blank

せっかくのゴールデンウィークなのに、2年連続で緊急事態宣言下となり、外出自粛中。暇なので小ネタで遊ぶ  続きを読む

タイトルを抜粋する
blank

関連記事プラグインを使って、記事本文の下に「関連記事」を表示している。情報としては、タイトル、画像、  続きを読む

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください