死との約束

閲覧数: 76(0)

1938年に発表されたクリスティの長編「Appointment with Death」の邦題、Wikipediaによれば、あらすじは「エルサレムを訪れたポアロが耳にしたのは、「いいかい、彼女を殺してしまわなきゃいけないんだよ。」という男女の囁きだった。 やがて、死海を舞台に殺人事件が起こった。」とのこと。

ドラマ版ではシリアの発掘現場で事件は起こります。そちらのあらすじはNHKのホームページによれば「シリアに旅行に出かけたポワロは、遺跡発掘をしているボイントンとその家族に出会う。夫人は金融街では知られた大物でばく大な財産を持ち、性格は尊大で、家族はいつも夫人の顔色をうかがっていた。ボイントン一家とともに発掘の見学に向かったのは、ポワロ、ボイントンの前妻の息子、医師、シスターと、途中から旅行作家の女性も参加する。その現場で殺人事件が起きる。」原作から大きくかけ離れてしまったドラマ版ですがこれホントにポアロである必要があるのかってぐらいの変わりようw

悪魔のような(乳母の証言)養親(母親:今回の事件の被害者)による養子の虐待が背景にあり、それも乳母にやらせて自分は手を下さないという狡猾さで。何人もの養子候補を「折檻」と称して虐待を繰り返します。最終的に3人の子供が残りますが誰も彼女には逆らえません。人間関係を整理しましょう、シリアで遺跡の発掘に携わっているのがボイントン卿でその後妻がボイントン夫人で事件の被害者、でも発掘の資金はボイントン夫人の資産(前夫の持ち株会社による)に頼っている。そしてボイントン卿の実子役にシャーロックで兄マイクロフトを演じる「マーク・ゲイティス」が出演している。それが今回このドラマを取り上げた理由。ちなみにこのマーク・ゲイティスはミス・マープルの「牧師館の殺人」にも出演しています。

今回も最後に関係者を集めて謎解きをするのですが、主犯二人とも毒物注射により自殺してしまいます。前回も書きましたが、この謎解き会を開催する前に是非持ち物検査を実施して欲しいものです。何度も最終盤で殺人に発展したり自殺されたりしています。そう言えばシャーロックでもメアリーが死んだのはシャーロックが過度に追い込んだ犯人が逆ギレして拳銃を発砲したためでした。ポアロもシャーロックも自分の推理に酔っちゃって、その強い自惚れにしっぺ返し食らってる。事件の概要は「死との約束 ネタバレ」でググって下さい。

そうそう、犯人の一人は「The Mummy(邦題:ハムナプトラ)」のジョン・ハンナ(主人公エヴリンの兄)が演じています。

カテゴリー公開, 映画・本タグ, ,
関連記事
死者のあやまち
blank
2017年10月28日

1956年に発表されたアガサ・クリスティの長編推理小説「Dead Man's Folly」の邦題。W  続きを読む

ハロウィーン・パーティ
blank
2017年10月21日

1969年に発表されたクリスティの推理小説「Hallowe'en Party」の邦題、Wikiped  続きを読む

そう言えば
blank
2017年10月17日

前回のポアロ記事「死との約束」の中で昔話が出てきます。昔、商人がバグダットで死神に出会います。死神は  続きを読む

鳩のなかの猫
blank
2017年10月14日

1959年に発表されたクリスティの長編「Cat Among the Pigeons」の邦題、Wiki  続きを読む

マギンティ夫人は死んだ
blank
2017年10月1日

2週連続で録画ドラマを視聴しました。もちろんクリスティの名探偵ポアロです。ハードディスクが1TBしか  続きを読む

象は忘れない
blank
2017年9月25日

久しぶりに録画してあった「名探偵ポアロ 象は忘れない」を観ました。原作は読んだもののすっかり忘れてし  続きを読む

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください