閲覧数の記録’18

閲覧数: 37(0)

引き続き、新しいテーマのカスタマイズ対応です。今回は「閲覧数」です。過去記事「閲覧数を記録してみる」や「今週のトップ10」では「Post Views Counter」というプラグインを使った、閲覧数記録の話をしました。

今回のテーマ採用にあたっては、直接的な改修は行わず、プラグインの追加などで対応する方針としています。閲覧数も直接改修すれば、都合の良いところ、見栄えの良いところへ表示することが可能ですが、そのためにはテーマを改修する必要があり、テーマ改修をすれば、バージョンアップ対応のために、子テーマ化する必要があります。そのループから脱却するため、テーマには手を加えず、プラグイン等で実現します。

表示箇所に関しては、追加CSSで対応可能な範囲で調整することとします。具体的には、まず「Post Views Counter」が標準で持っている「自動表示」機能のうち、「コンテンツの前に表示」を選択します。オプションとしてはその他に「コンテンツの後に表示」と「手動」が選べます。そのままでは表示位置が左端に設定されるので、追加CSS(下のコード参照)で右端へ移動し、下マージンを多少取ります。現在はこの設定となっています。記事を選択すると、タイトルが表示され、その下にアイキャッチ画像、そして閲覧数がアイキャッチ画像の右下に表示され、本文、と続きます。

.post-views{
	text-align: right;
	font-size: 0.9rem;
}
.entry-meta {
	margin: 0 0 10px;
}

ちなみに、現在の「Post Views Counter」の仕様では、表示される「閲覧数:123(45)」の意味は、()内の数字が今週の閲覧数で、その前の数字が総閲覧数となっています。

【最終更新日: 2019年5月20日】
カテゴリーIT閑話, 公開タグ, , , ,
今週のトップ10

前回の「閲覧数を記録してみる」で記事の閲覧記録を取ることには成功しましたが、このプラグインでは細かい  続きを読む

閲覧数まとめ
blank

閃きついでに総合計と週合計をフラグで制御する方式に変更してみた。これまではベタに関数をまるまるコピー  続きを読む

閃きは大事だw
blank

このサイトは、あくまでもCMSであるWordPressの構築やクラウドであるAWSの運用ノウハウ取得  続きを読む

フォントを変えてみた
blank

ネタ切れです。テーマ変更も時間が無くて手付かずです。イメージを変えるためにサイトで使用しているフォン  続きを読む

Simple Author Box
blank

「この記事を書いた人」を表示するプラグイン。これまでは「Fancier Author Box」を使用  続きを読む

閲覧数を記録してみる
blank

いろいろ便利なプラグインがあるので、いくつか試してみて、最終的に採用したのが、Post Views  続きを読む

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください