RASPI3のメンテナンス

閲覧数: 16(0)

実は最近「ラズベリーパイ」が大活躍していてなかなか定期メンテナンスするタイミングがなかったのだけれど、監視ツールであるZABBIXサーバーのバージョンアップ(3.0 → 4.0)に伴い、ラズパイ上で稼働するエージェントも3.0から4.0へバージョンアップしました。当時はAWSでもRHEL系を使っていた事もありラズパイにもCentOSを入れましたが、現在ではマルチクラウド化したAWS環境はdebian系のUbuntu 18.04LTSとしてしまったので取り残されてしまったラズパイCentOSです。

一旦古いバージョンを削除します。

$ sudo yum remove zabbix30-3.0.22-2.el7.armv7hl
読み込んだプラグイン:fastestmirror
依存性の解決をしています
--> トランザクションの確認を実行しています。
---> パッケージ zabbix30.armv7hl 0:3.0.22-2.el7 を 削除
--> 依存性の処理をしています: zabbix30 = 3.0.22-2.el7 のパッケージ: zabbix30-agent-3.0.22-2.el7.armv7hl
--> トランザクションの確認を実行しています。
---> パッケージ zabbix30-agent.armv7hl 0:3.0.22-2.el7 を 削除
--> 依存性解決を終了しました。

依存性を解決しました

================================================================================================================================
 Package                           アーキテクチャー           バージョン                         リポジトリー              容量
================================================================================================================================
削除中:
 zabbix30                          armv7hl                    3.0.22-2.el7                       @epel                    1.0 M
依存性関連での削除をします:
 zabbix30-agent                    armv7hl                    3.0.22-2.el7                       @epel                    345 k

トランザクションの要約
================================================================================================================================
削除  1 パッケージ (+1 個の依存関係のパッケージ)

インストール容量: 1.4 M
上記の処理を行います。よろしいでしょうか? [y/N]y
Downloading packages:
Running transaction check
Running transaction test
Transaction test succeeded
Running transaction
  削除中                  : zabbix30-agent-3.0.22-2.el7.armv7hl                                                             1/2 
警告: /etc/zabbix_agentd.conf は /etc/zabbix_agentd.conf.rpmsave として保存されました。
  削除中                  : zabbix30-3.0.22-2.el7.armv7hl                                                                   2/2 
  検証中                  : zabbix30-agent-3.0.22-2.el7.armv7hl                                                             1/2 
  検証中                  : zabbix30-3.0.22-2.el7.armv7hl                                                                   2/2 

削除しました:
  zabbix30.armv7hl 0:3.0.22-2.el7                                                                                               

依存性の削除をしました:
  zabbix30-agent.armv7hl 0:3.0.22-2.el7                                                                                         

完了しました!

改めて新しいバージョンである「zabbix40-agent.armv7hl」をインストールします。

$ sudo yum install zabbix40-agent.armv7hl
読み込んだプラグイン:fastestmirror
Loading mirror speeds from cached hostfile
 * base: ftp.yz.yamagata-u.ac.jp
 * centos-kernel: ftp.yz.yamagata-u.ac.jp
 * extras: ftp.yz.yamagata-u.ac.jp
 * updates: ftp.yz.yamagata-u.ac.jp
依存性の解決をしています
--> トランザクションの確認を実行しています。
---> パッケージ zabbix40-agent.armv7hl 0:4.0.6-1.el7 を インストール
--> 依存性の処理をしています: zabbix40 = 4.0.6-1.el7 のパッケージ: zabbix40-agent-4.0.6-1.el7.armv7hl
--> トランザクションの確認を実行しています。
---> パッケージ zabbix40.armv7hl 0:4.0.6-1.el7 を インストール
--> 依存性解決を終了しました。

依存性を解決しました

================================================================================================================================
 Package                            アーキテクチャー            バージョン                       リポジトリー              容量
================================================================================================================================
インストール中:
 zabbix40-agent                     armv7hl                     4.0.6-1.el7                      epel                     171 k
依存性関連でのインストールをします:
 zabbix40                           armv7hl                     4.0.6-1.el7                      epel                     309 k

トランザクションの要約
================================================================================================================================
インストール  1 パッケージ (+1 個の依存関係のパッケージ)

総ダウンロード容量: 481 k
インストール容量: 1.6 M
Is this ok [y/d/N]: y
Downloading packages:
(1/2): zabbix40-agent-4.0.6-1.el7.armv7hl.rpm                                                            | 171 kB  00:00:02     
(2/2): zabbix40-4.0.6-1.el7.armv7hl.rpm                                                                  | 309 kB  00:00:03     
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
合計                                                                                            137 kB/s | 481 kB  00:00:03     
Running transaction check
Running transaction test
Transaction test succeeded
Running transaction
  インストール中          : zabbix40-4.0.6-1.el7.armv7hl                                                                    1/2 
  インストール中          : zabbix40-agent-4.0.6-1.el7.armv7hl                                                              2/2 
  検証中                  : zabbix40-4.0.6-1.el7.armv7hl                                                                    1/2 
  検証中                  : zabbix40-agent-4.0.6-1.el7.armv7hl                                                              2/2 

インストール:
  zabbix40-agent.armv7hl 0:4.0.6-1.el7                                                                                          

依存性関連をインストールしました:
  zabbix40.armv7hl 0:4.0.6-1.el7                                                                                                

完了しました!

削除の時に保存された「/etc/zabbix-agentd.conf.rpmsave」を「/etc/zabbix-agentd.conf」と置き換えて「zabbix-agent」を再起動すれば完了です。

[etc]$ sudo mv zabbix_agentd.conf zabbix_agentd.conf.rpmnew
[etc]$ sudo mv zabbix_agentd.conf.rpmsave zabbix_agentd.conf
[etc]$ sudo systemctl start zabbix-agent
[etc]$ sudo systemctl status zabbix-agent
● zabbix-agent.service - Zabbix Monitor Agent
   Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/zabbix-agent.service; disabled; vendor preset: disabled)
   Active: active (running) since 木 2019-06-20 22:13:02 JST; 4s ago
 Main PID: 15092 (zabbix_agentd)
   CGroup: /system.slice/zabbix-agent.service
           ├─15092 /usr/sbin/zabbix_agentd -f
           ├─15093 /usr/sbin/zabbix_agentd: collector [idle 1 sec]
           ├─15094 /usr/sbin/zabbix_agentd: listener #1 [waiting for connection]
           ├─15095 /usr/sbin/zabbix_agentd: listener #2 [waiting for connection]
           ├─15096 /usr/sbin/zabbix_agentd: listener #3 [waiting for connection]
           └─15097 /usr/sbin/zabbix_agentd: active checks #1 [idle 1 sec]

 6月 20 22:13:02 centos-rpi3 systemd[1]: Started Zabbix Monitor Agent.
 6月 20 22:13:02 centos-rpi3 zabbix_agentd[15092]: Starting Zabbix Agent [RASPI3]. Zabbix 4.0.6 (revision 91685).
 6月 20 22:13:02 centos-rpi3 zabbix_agentd[15092]: Press Ctrl+C to exit.
カテゴリーIT閑話, 公開タグ,
zabbix 4.0
2019年6月21日

昨日の「ラズパイ」に続いて他のサーバーもZABBIXエージェントのバージョンアップを行います。AWS  続きを読む

Zabbix 3.4
blank
2017年12月10日

Zabbix 3.4がリリースされてしばらく経ったので安定してRHEL6用も出て来たようなので、ここ  続きを読む

ZABBIX 3.0.13
blank
2017年11月9日

AWSとWebARENAの監視用としてZABBIXを使用しています。ZABBIXのコンポーネントは以  続きを読む

Re:EC2 t2.nanoの設定
blank
2017年9月30日

いろいろ悩んだ結果「AWS(EC2)」と「WebARENA」のS/W住み分けを次のように決めました。  続きを読む

究極のt2.nanoインスタンス設定
blank
2017年9月27日

EC2の中で最小インスタンスタイプである「t2.nano」はCPUが1コアでメモリは512MBです。  続きを読む

MySQLをZabbixで監視する
blank
2017年9月26日

いろいろググって一番判りやすくて書いてある通りにやって導入できたサイトの情報がここです。上手くまとま  続きを読む

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください