t1.microとt2.micro

閲覧数: 33(0)

t1.microは0.613GBでt2.microは1GBのメモリ容量。ネットワークやCPUもt2.microの方がt1.microより若干早い。それで価格はと言うと、t1.microが$0.02/Hourでt2.microが$0.013/Hour。microより上のインスタンスへのアップグレードだとスナップショットを取ってインスタンスコピーが出来るけど、micro同士のアップグレード(そもそもアップグレートと言わんだろう)は出来ない。セットアップならお腹いっぱい繰り返してきたお陰で、全く苦にならない。あっさり既存インスタンスにはTerminatedになってもらい、新しいt2.microインスタンスで再インストールw

多少設定漏れがあっても動いちゃうんですよねーーー、一見すると。何か見つけた人にはご褒美はないけど感謝はします。

というか、久しぶりの投稿ついでに、過去記事に画像を追加しようとしたら、何故かサムネイルが作成されず、実サイズのみ表示されるではありませんか!結論から言えば、php-gdがインストールされていなかったからだけど、t1.microのインストールの時には手で入れた覚えが無いんだけどなぁ。世の中いろいろなことがありますね。

yum install php56-gd

で解決でした。では。

【最終更新日: 2016年4月12日】
カテゴリーIT閑話, 公開タグ
dockerとiptables
2019年6月13日

クラウドサーバーを利用する場合、ファイアウォール(Firewalld/iptables)の設定に失敗  続きを読む

コンテナとFirewall
blank
2019年6月12日

三日連続のdockerネタです。前回の「コンテナの自動起動」でサーバーを再起動した時にコンテナ(ph  続きを読む

コンテナの自動起動
blank
2019年6月11日

最新バージョンのPHP-FPMをdockerのコンテナとして動かしてみたところ、思ったより安定して動  続きを読む

DOCKERでPHPだけ動かす
blank
2019年6月10日

今さらdockerの話かよと思ったあなた、これが意外な事にWordpressの環境全てをdocker  続きを読む

名前解決
blank
2019年6月8日

バージョン5からのWordpressが「ツール」で提供している「サイトヘルス」という機能でサイトの健  続きを読む

エラーメッセージに対応する
blank
2019年6月3日

メールサーバー用のポートに朝から晩までのべつ幕無しにアタックしてくるIPアドレスにいちいち反応するの  続きを読む

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください