t1.microとt2.micro

閲覧数: 33(0)

t1.microは0.613GBでt2.microは1GBのメモリ容量。ネットワークやCPUもt2.microの方がt1.microより若干早い。それで価格はと言うと、t1.microが$0.02/Hourでt2.microが$0.013/Hour。microより上のインスタンスへのアップグレードだとスナップショットを取ってインスタンスコピーが出来るけど、micro同士のアップグレード(そもそもアップグレートと言わんだろう)は出来ない。セットアップならお腹いっぱい繰り返してきたお陰で、全く苦にならない。あっさり既存インスタンスにはTerminatedになってもらい、新しいt2.microインスタンスで再インストールw

多少設定漏れがあっても動いちゃうんですよねーーー、一見すると。何か見つけた人にはご褒美はないけど感謝はします。

というか、久しぶりの投稿ついでに、過去記事に画像を追加しようとしたら、何故かサムネイルが作成されず、実サイズのみ表示されるではありませんか!結論から言えば、php-gdがインストールされていなかったからだけど、t1.microのインストールの時には手で入れた覚えが無いんだけどなぁ。世の中いろいろなことがありますね。

yum install php56-gd

で解決でした。では。

【最終更新日: 2016年4月12日】
カテゴリーIT閑話, 公開タグ
PHPのバージョンアップ

Mediawikiが1.30から1.31へメジャーバージョンアップしたので早速インストールしようと思  続きを読む

エラーメッセージに対応する
blank

メールサーバー用のポートに朝から晩までのべつ幕無しにアタックしてくるIPアドレスにいちいち反応するの  続きを読む

名前解決
blank

バージョン5からのWordpressが「ツール」で提供している「サイトヘルス」という機能でサイトの健  続きを読む

コンテナとFirewall
blank

三日連続のdockerネタです。前回の「コンテナの自動起動」でサーバーを再起動した時にコンテナ(ph  続きを読む

サイトのお引越し
blank

このサイトは2014年からAWS EC2上の「Amazon Linux」インスタンスで稼働していまし  続きを読む

DOCKERでPHPだけ動かす
blank

今さらdockerの話かよと思ったあなた、これが意外な事にWordpressの環境全てをdocker  続きを読む

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください