非互換対応再び

サイトのお守りというのは、言い換えれば「それらを構成するソフトウェア群とそれらが稼働するハードウェア環境の相互関係上の非互換」をいかに回避するか、に尽きると言える。ハードウェアはソフトウェアの命令で動くが、命令の記述が許容されない … 続きを読む非互換対応再び

MIXED CONTENTS

このサイトは「https化」しています。そのため通信は暗号化されていてインターネット通信の途中で情報が盗まれる可能性はかなり低い、と言われています。ただしコンテンツが全て暗号化に対応している場合に限ります。運営者や投稿者が気をつけ … 続きを読むMIXED CONTENTS