VMware 8.5.3とCentOS 7.3

閲覧数: 59(0)

すっごい久しぶりな、ITネタですw このサイトの本番系は贅沢な事に、AWSで稼働しています。テスト系も、と言いたいところですが、AWSは非常に高価なので、テスト系まではAWS上では賄えませんw そこで、自前のMac上にVMware Fusionを入れて、擬似的にAWSライクな環境を構築し、そこをテスト系として使っています。

AWSと違って、ホストOSとゲストOS間でファイル共有などを行いたいこともあるので、VMware Toolsを導入してMacとゲストOSであるCent OSの間で共有フォルダを使用していました。

VMware Fusion 8の頃は、製品添付のVMware Toolsで問題なく共有できていたのですが、バージョンがFusion 8.5.3になった頃から、VMware Toolsのインストールの中で、vmhgfsのコンパイルに失敗するようになりました。

製品添付のVMware Toolsは、10.0.10を使用していました。VMwareのホームページから10.1.0をダウンロードして試して見たら、エラーは出ず、正常にインストール出来るようになりました。ダウンロードしたファイルにはISOイメージファイルが圧縮されていて、それを展開後、マウントする事で、いつものVMware Toolsファイルが入手出来ました。

また、vmware-install.plの実行オプションに、-fオプションが無いと、VMware Toolsはインストール出来ません。最近は面倒なので、デフォルトを選択する、-dオプションと共にインストールを実行しているので、-d -fを追加して、無事インストールが完了しました。

カテゴリーIT閑話, 公開タグ, ,
タイトルを抜粋する

関連記事プラグインを使って、記事本文の下に「関連記事」を表示している。情報としては、タイトル、画像、  続きを読む

Zabbix 5.0を導入する
blank

もうね、完全にネタ切れw、ITネタで突っ走るしかない。今回は久しぶりのZABBIXネタと、それが稼働  続きを読む

緊急事態宣言で外出自粛になり...
blank

せっかくのゴールデンウィークなのに、2年連続で緊急事態宣言下となり、外出自粛中。暇なので小ネタで遊ぶ  続きを読む

仮想ディスクの圧縮
blank

Windows上のVMware Playerなら、設定メニューからディスク圧縮が選べるけど、OSX上  続きを読む

Zabbixも入れた
blank

そんなことしなくても、AWS EC2コンソールから監視は出来るんだが、何となく自前でもやりたいという  続きを読む

ラズパイ4のメンテナンス
blank

海外からの接続用として大活躍しているラズベリーパイなのですが、以前使っていたバージョン3から現在は4  続きを読む

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください