Zabbix 3.4

閲覧数: 41(0)

Zabbix 3.4がリリースされてしばらく経ったので安定してRHEL6用も出て来たようなので、ここで3.0.xから3.4.4へ一気にバージョンアップすることに。まずはテスト環境。リポジトリの更新はRHEL6用なのでダウンロードするのは以下のファイル。

zabbix-release-3.4-1.el6.noarch.rpm

直接インストールしてもOK、その場合は以下のコマンドを実行する。

rpm -Uvh https://repo.zabbix.com/zabbix/3.4/rhel/6/x86_64/zabbix-release-3.4-1.el6.noarch.rpm

リポジトリが更新されていることを確認する。

[zabbix]
name=Zabbix Official Repository - $basearch
baseurl=http://repo.zabbix.com/zabbix/3.4/rhel/6/$basearch/
enabled=1
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-ZABBIX-A14FE591

[zabbix-deprecated]
name=Zabbix Official Repository deprecated - $basearch
baseurl=http://repo.zabbix.com/zabbix/3.4/rhel/6/$basearch/deprecated
enabled=0
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-ZABBIX-A14FE591

[zabbix-non-supported]
name=Zabbix Official Repository non-supported - $basearch
baseurl=http://repo.zabbix.com/non-supported/rhel/6/$basearch/
enabled=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-ZABBIX
gpgcheck=1

yumリポジトリの「clean all」を行なって「update」を実施すると理論上はzabbix 3.4へ更新可能。稀に綺麗にアップデートされない場合があるので、その場合は手動で一旦古いバージョンをアンインストールしてからインストールし直す。特にWebインターフェースにその癖があるようなので、その場合は以下の手順で。

yum remove zabbix-web zabbix-web-mysql zabbix-web-japanese
yum install zabbix-web zabbix-web-mysql zabbix-web-japanese

本番系のAWS上のAmazon Linuxでも手順は全く同じ。

【最終更新日: 2019年6月16日】
カテゴリーIT閑話, 公開タグ, ,
zabbix 4.0
blank
2019年6月21日

昨日の「ラズパイ」に続いて他のサーバーもZABBIXエージェントのバージョンアップを行います。AWS  続きを読む

RASPI3のメンテナンス
blank
2019年6月20日

実は最近「ラズベリーパイ」が大活躍していてなかなか定期メンテナンスするタイミングがなかったのだけれど  続きを読む

ZABBIX 3.0.13
blank
2017年11月9日

AWSとWebARENAの監視用としてZABBIXを使用しています。ZABBIXのコンポーネントは以  続きを読む

Re:EC2 t2.nanoの設定
blank
2017年9月30日

いろいろ悩んだ結果「AWS(EC2)」と「WebARENA」のS/W住み分けを次のように決めました。  続きを読む

究極のt2.nanoインスタンス設定
blank
2017年9月27日

EC2の中で最小インスタンスタイプである「t2.nano」はCPUが1コアでメモリは512MBです。  続きを読む

MySQLをZabbixで監視する
blank
2017年9月26日

いろいろググって一番判りやすくて書いてある通りにやって導入できたサイトの情報がここです。上手くまとま  続きを読む

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください