zabbix 4.0

閲覧数: 44(0)

昨日の「ラズパイ」に続いて他のサーバーもZABBIXエージェントのバージョンアップを行います。AWS上に構築したマルチクラウドのOSはUbuntuなので、以下のパッケージをダウンロードしてインストールします。設定ファイルを新しいパッケージのインストールで上書きするか保存するか聞かれるのでいずれかを選びます。新しいインストールで上書きするとあとでサーバーのアドレスや名前などを書き換える手間が増えますが新しいインストールがどんな設定ファイルを書き出すのかも興味あるのでなかなか悩ましいところではあります(笑)

sudo wget http://repo.zabbix.com/zabbix/4.0/ubuntu/pool/main/z/zabbix/zabbix-agent_4.0.9-3+bionic_amd64.deb
sudo dpkg -i zabbix/zabbix-agent_4.0.9-3%2Bbionic_amd64.deb

設定ファイルの問題を解決したら、エージェントを再起動し、以下のコマンドによるZABBIXエージェントのバージョン確認を行います。

$ sudo zabbix_agentd --version
zabbix_agentd (daemon) (Zabbix) 4.0.9
Revision 97a69d5d5a 5 June 2019, compilation time: Jun  7 2019 07:01:00

Copyright (C) 2019 Zabbix SIA
License GPLv2+: GNU GPL version 2 or later <http://gnu.org/licenses/gpl.html>.
This is free software: you are free to change and redistribute it according to
the license. There is NO WARRANTY, to the extent permitted by law.

This product includes software developed by the OpenSSL Project
for use in the OpenSSL Toolkit (http://www.openssl.org/).

Compiled with OpenSSL 1.1.0g  2 Nov 2017
Running with OpenSSL 1.1.1  11 Sep 2018

ちなみにサービスとしてのステータスは以下のコマンドでも確認できますので、念のため確認します。特に自動起動の設定が「enabled」になっているかの確認は、次回起動時に自動起動されないとサーバーの監視が出来ないので重要なポイントです。

$ sudo systemctl status zabbix-agent
● zabbix-agent.service - Zabbix Agent
   Loaded: loaded (/lib/systemd/system/zabbix-agent.service; enabled; vendor preset: enabled)
   Active: active (running) since Fri 2019-06-21 14:46:54 JST; 5h 9min ago
  Process: 6792 ExecStop=/bin/kill -SIGTERM $MAINPID (code=exited, status=0/SUCCESS)
  Process: 6793 ExecStart=/usr/sbin/zabbix_agentd -c $CONFFILE (code=exited, status=0/SUCCESS)
 Main PID: 6805 (zabbix_agentd)
    Tasks: 6 (limit: 1152)
   CGroup: /system.slice/zabbix-agent.service
           ├─6805 /usr/sbin/zabbix_agentd -c /etc/zabbix/zabbix_agentd.conf
           ├─6806 /usr/sbin/zabbix_agentd: collector [idle 1 sec]
           ├─6807 /usr/sbin/zabbix_agentd: listener #1 [waiting for connection]
           ├─6808 /usr/sbin/zabbix_agentd: listener #2 [waiting for connection]
           ├─6809 /usr/sbin/zabbix_agentd: listener #3 [waiting for connection]
           └─6810 /usr/sbin/zabbix_agentd: active checks #1 [idle 1 sec]

 6月 21 14:46:53 ip-172-26-4-14 systemd[1]: Stopped Zabbix Agent.
 6月 21 14:46:53 ip-172-26-4-14 systemd[1]: Starting Zabbix Agent...
 6月 21 14:46:54 ip-172-26-4-14 systemd[1]: zabbix-agent.service: Can't open PID file /run/zabbix/zabbix_agentd.pid (yet?) after
 6月 21 14:46:54 ip-172-26-4-14 systemd[1]: Started Zabbix Agent.

これで全4台のバージョンアップが完了しました。構成は以下の通りです。

CentOS 6 + Zabbix Server 4.0.9 + Zabbix Agent 4.0.9
CentOS 7 + Zabbix Agent 4.0.6
Ubuntu 18.04 + Zabbix Agent 4.0.9 (EC2)
Ubuntu 18.04 + Zabbix Agent 4.0.9 (Lightsail)
カテゴリーIT閑話, 公開タグ,
Re:EC2 t2.nanoの設定
blank

いろいろ悩んだ結果「AWS(EC2)」と「WebARENA」のS/W住み分けを次のように決めました。  続きを読む

究極のt2.nanoインスタ...
blank

EC2の中で最小インスタンスタイプである「t2.nano」はCPUが1コアでメモリは512MBです。  続きを読む

Zabbix 3.4
blank

Zabbix 3.4がリリースされてしばらく経ったので安定してRHEL6用も出て来たようなので、ここ  続きを読む

ラズパイ4のメンテナンス
blank

海外からの接続用として大活躍しているラズベリーパイなのですが、以前使っていたバージョン3から現在は4  続きを読む

Zabbix 5.0を導入する
blank

もうね、完全にネタ切れw、ITネタで突っ走るしかない。今回は久しぶりのZABBIXネタと、それが稼働  続きを読む

RASPI3のメンテナンス
blank

実は最近「ラズベリーパイ」が大活躍していてなかなか定期メンテナンスするタイミングがなかったのだけれど  続きを読む

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください