子テーマ

閲覧数: 20(0)

このブロクでは、過去の記事で何度か説明したように、Fashionistasというテーマを使用していますが、いろいろ手を加えているので、テーマを直接変更するのではなく、子テーマ化して使用しています。変更する部分を子テーマ側に限定することで、元になった親テーマがバージョンアップしても、その影響を最小限にすることが出来ます。シンプルなテーマであれば影響をゼロに出来るのですが、Fashionistaは機能盛り沢山なので影響をゼロにすることは出来ませんでした。やり方の問題もあるかもしれませんがw

親テーマのfunctions.phpの中で、サブ機能を呼び出す処理の部分で、以下の2つ機能に関しては、親テーマではなく、子テーマのディレクトリからロードするように変更しています。親テーマを参照するには、get_template_directory()を使用しますが、子テーマを参照するには、get_stylesheet_directory()を使用します。

/**
 * Custom functions that act independently of the theme templates.
 */
require get_stylesheet_directory() . '/inc/extras.php';

/**
 * Custom template tags for this theme.
 */
require get_stylesheet_directory() . '/inc/template-tags.php';

さらに、inc/custom-widgets.phpのwidget-tabs.phpの呼び出し先を、子テーマに変更しています。

/**
 * Tabber Widget
 *
 * @since athemes Widget Pack 1.0
 */
require get_stylesheet_directory() . '/inc/widgets/widget-tabs.php';

子テーマの作成を扱ったサイトの中には、ディレクトリをコピーして変更したいファイルのみをコピーすれば”OK”、みたいな記述をしているところもありますが、元になる親テーマの作りに依存するので確認が必要です。高機能なテーマほど、子テーマ作りは難しくなると思います。

【最終更新日: 2017年8月7日】
カテゴリーIT閑話, 公開タグ,
検索精度を高める
2020年11月1日

検索ネタを連発するのはElasticsearchやElasticPresがバージョンアップした時のお  続きを読む

ElasticPress日本語設定2020年版
blank
2020年10月29日

ElasticsearchをWordpressで利用するためのプラグインであるElasticPres  続きを読む

ElasticPress 3.5
blank
2020年10月22日

Elasticsearch用のプラグインであるElasticPressがメジャーバージョンアップ(3  続きを読む

Elasticsearch 6.8.11
blank
2020年10月2日

2017年末に「2.4.6」から「5.6.5」へバージョンアップして以来の大幅バージョンアップです。  続きを読む

パンくずリスト詳細
blank
2020年5月12日

テーマの「マイナーチェンジ」に伴って「パンくずリスト」の仕様を若干変更しました。一つ前のテーマではパ  続きを読む

カテゴリーを制限する
blank
2020年5月11日

過去に何度も書いた「カテゴリー制限」の話、元はと言えば初期に書かれた「非公開」の記事が原因です。トッ  続きを読む

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください