子テーマ

閲覧数: 21(0)

このブロクでは、過去の記事で何度か説明したように、Fashionistasというテーマを使用していますが、いろいろ手を加えているので、テーマを直接変更するのではなく、子テーマ化して使用しています。変更する部分を子テーマ側に限定することで、元になった親テーマがバージョンアップしても、その影響を最小限にすることが出来ます。シンプルなテーマであれば影響をゼロに出来るのですが、Fashionistaは機能盛り沢山なので影響をゼロにすることは出来ませんでした。やり方の問題もあるかもしれませんがw

親テーマのfunctions.phpの中で、サブ機能を呼び出す処理の部分で、以下の2つ機能に関しては、親テーマではなく、子テーマのディレクトリからロードするように変更しています。親テーマを参照するには、get_template_directory()を使用しますが、子テーマを参照するには、get_stylesheet_directory()を使用します。

/**
 * Custom functions that act independently of the theme templates.
 */
require get_stylesheet_directory() . '/inc/extras.php';

/**
 * Custom template tags for this theme.
 */
require get_stylesheet_directory() . '/inc/template-tags.php';

さらに、inc/custom-widgets.phpのwidget-tabs.phpの呼び出し先を、子テーマに変更しています。

/**
 * Tabber Widget
 *
 * @since athemes Widget Pack 1.0
 */
require get_stylesheet_directory() . '/inc/widgets/widget-tabs.php';

子テーマの作成を扱ったサイトの中には、ディレクトリをコピーして変更したいファイルのみをコピーすれば”OK”、みたいな記述をしているところもありますが、元になる親テーマの作りに依存するので確認が必要です。高機能なテーマほど、子テーマ作りは難しくなると思います。

【最終更新日: 2017年8月7日】
カテゴリーIT閑話, 公開タグ,
緊急事態宣言で外出自粛になり...

せっかくのゴールデンウィークなのに、2年連続で緊急事態宣言下となり、外出自粛中。暇なので小ネタで遊ぶ  続きを読む

タイトルを抜粋する
blank

関連記事プラグインを使って、記事本文の下に「関連記事」を表示している。情報としては、タイトル、画像、  続きを読む

閃きは大事だw
blank

このサイトは、あくまでもCMSであるWordPressの構築やクラウドであるAWSの運用ノウハウ取得  続きを読む

管理画面を制限する
blank

このサイトではネット上のさまざまな攻撃からの防御のため、Wordfenceプラグインの無料版を使用し  続きを読む

閲覧数まとめ
blank

閃きついでに総合計と週合計をフラグで制御する方式に変更してみた。これまではベタに関数をまるまるコピー  続きを読む

ページナビのテキスト
blank

記事ページの下部に前後の記事(投稿)へのリンクが表示される仕様なのだが、「カテゴリーに制限」をかけて  続きを読む

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください