Elasticsearch 6.8.11

閲覧数: 45(0)

2017年末に「2.4.6」から「5.6.5」へバージョンアップして以来の大幅バージョンアップです。Elasticsearch本体は頻繁にアップデートされていますが「5.6」系の安定感と日本語形態素解析に使用している「Sudachi」プラグインの対応状況もあり、ここまで比較的長く使ってきました。「2.4.6」の時も3年ぐらい使っていたと思います。まだまだ設定に手間がかかるのと安定感が必要なのもあり、検索系はそうそう頻繁にはアップデート出来ません。Wordpress用のプラグインは「ElasticPress」、Mediawiki用のエクステンションは「Elastica」「CirrusSearch」を引き続き使います。設定も「以前」のままです。

まずはリポジトリの追加から。方法はいろいろありますが今回は以下のようなコマンドで「elastic-6.x.list」を追加しました。

echo "deb https://artifacts.elastic.co/packages/6.x/apt stable main" | sudo tee /etc/apt/sources.list.d/elastic-6.x.list

リポジトリの更新を行います。その後バージョンを指定(6.8.11)してElasticsearchをインストールし、バージョンも固定します。

$ sudo apt update
$ sudo apt install elasticsearch=6.8.11
$ sudo apt-mark hold elasticsearch

インストールが完了したら、プラグインを追加します。使用するプラグインは以下の通りです。

$ /usr/share/elasticsearch/bin/elasticsearch-plugin list
analysis-icu
analysis-kuromoji
analysis-sudachi
ingest-attachment

「analysis-sudachi」は公式のリポジトリには存在しないので、ファイルでインストールします。プラグイン自体は「Sudachi」の公式からダウンロードします。

$ /usr/share/elasticsearch/bin/elasticsearch-plugin install file:///analysis-sudachi-6.8.11-2.0.3.zip

旧バージョンで作成済みのインデックスはクローズされているので、そのまま使う場合はオープンします。削除して再作成してもOKです。

$ curl -XPOST http://localhost:9200/<indices名>/_open
$ curl -XPOST http://localhost:9200/_cat/indces?v
カテゴリーIT閑話, 公開タグ, ,
閲覧数まとめ

閃きついでに総合計と週合計をフラグで制御する方式に変更してみた。これまではベタに関数をまるまるコピー  続きを読む

管理画面を制限する
blank

このサイトではネット上のさまざまな攻撃からの防御のため、Wordfenceプラグインの無料版を使用し  続きを読む

ElasticPress 3.5.6
blank

マイナーバージョンアップにも関わらず、検索スコアリングのパラメータが微調整された結果、期待する検索結  続きを読む

ページナビのテキスト
blank

記事ページの下部に前後の記事(投稿)へのリンクが表示される仕様なのだが、「カテゴリーに制限」をかけて  続きを読む

検索精度を高める
blank

検索ネタを連発するのはElasticsearchやElasticPressがバージョンアップした時の  続きを読む

閃きは大事だw
blank

このサイトは、あくまでもCMSであるWordPressの構築やクラウドであるAWSの運用ノウハウ取得  続きを読む

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください