Re:EC2 t2.nanoの設定

閲覧数: 33(0)

いろいろ悩んだ結果「AWS(EC2)」と「WebARENA」のS/W住み分けを次のように決めました。

AWS(EC2): Amazon Linux + MySQL + Apache + PHP + Elasticsearch + Zabbix Agent
WebARENA: CentOS 6.5 + Squid + MySQL + Apache + PHP + Zabbix Server(+Web) + Zabbix Agent 

実メモリ512MBが現実的でないのは何度も説明していますが、今もどちらとも「1コア/512MB」のスペックです。その最小限以下のスペックでも何とか実稼働に耐える環境の組み合わせを考えるのがある種の楽しみになっていますw アポロ13号を地球に帰還させるために電気容量が限られた環境でやった再起動実験のようなもの(?) EC2上でメモリリークのような現象が多発していたので一旦Zabbix Server(+Web)とAgentの組み合わせをやめて見たらメモリリーク現象が再発しなかったのでS/W構成を変更することにしました。その結果が上記の住み分けです。

両サーバーの負荷状況をZabbixのグラフで見てみると(↓)このようになりました。

CPUロードはWebARENAの方が高くなりAWSはこれまでの高負荷が減り安定しているように見えます。このままの状態が続いてくれることを祈ります。

詳細設定を見ていきます。AWS上のMySQLは制限した設定としました。

innodb_buffer_pool_size=256M
innodb_log_file_size=32M
innodb_log_buffer_size=8M
max_connections = 50

AWS上のApacheもさらにプロセス生成に制限をかけた設定です。

StartServers            2
MinSpareServers         2
MaxSpareServers         5
ServerLimit             32
MaxClients              32
MaxRequestsPerChild     15

「top」の結果です。

top - 15:17:44 up 2 days,  2:55,  1 user,  load average: 0.04, 0.06, 0.01
Tasks:  94 total,   1 running,  93 sleeping,   0 stopped,   0 zombie
Cpu(s):  0.3%us,  0.0%sy,  0.0%ni, 99.0%id,  0.7%wa,  0.0%hi,  0.0%si,  0.0%st
Mem:    501296k total,   372432k used,   128864k free,    14568k buffers
Swap:  2097148k total,   659216k used,  1437932k free,    84324k cached

  PID USER      PR  NI  VIRT  RES  SHR S %CPU %MEM    TIME+  COMMAND           
 9877 elastics  20   0 3142m 131m 3152 S  0.3 26.9   2:03.99 java               
30661 root      20   0 15320 2072 1788 R  0.3  0.4   0:00.01 top                
    1 root      20   0 19640 1496 1272 S  0.0  0.3   0:00.81 init               
    2 root      20   0     0    0    0 S  0.0  0.0   0:00.00 kthreadd           
    3 root      20   0     0    0    0 S  0.0  0.0   0:06.72 ksoftirqd/0        
    4 root      20   0     0    0    0 S  0.0  0.0   0:00.00 kworker/0:0        
    5 root       0 -20     0    0    0 S  0.0  0.0   0:00.00 kworker/0:0H       
    7 root      20   0     0    0    0 S  0.0  0.0   0:14.06 rcu_sched          
    8 root      20   0     0    0    0 S  0.0  0.0   0:00.00 rcu_bh             
    9 root      RT   0     0    0    0 S  0.0  0.0   0:00.00 migration/0        
   10 root       0 -20     0    0    0 S  0.0  0.0   0:00.00 lru-add-drain      
   11 root      20   0     0    0    0 S  0.0  0.0   0:00.00 cpuhp/0            
   12 root      20   0     0    0    0 S  0.0  0.0   0:00.00 kdevtmpfs          
   13 root       0 -20     0    0    0 S  0.0  0.0   0:00.00 netns              
   16 root      20   0     0    0    0 S  0.0  0.0   0:00.00 xenwatch           
   21 root      20   0     0    0    0 S  0.0  0.0   0:00.00 xenbus             
   22 root      20   0     0    0    0 S  0.0  0.0   0:02.77 kworker/0:1        
【最終更新日: 2019年6月16日】
カテゴリーIT閑話, 公開タグ, , , , , , ,
関連記事
zabbix 4.0
blank
2019年6月21日

昨日の「ラズパイ」に続いて他のサーバーもZABBIXエージェントのバージョンアップを行います。AWS  続きを読む

RASPI3のメンテナンス
blank
2019年6月20日

実は最近「ラズベリーパイ」が大活躍していてなかなか定期メンテナンスするタイミングがなかったのだけれど  続きを読む

Zabbix 3.4
blank
2017年12月10日

Zabbix 3.4がリリースされてしばらく経ったので安定してRHEL6用も出て来たようなので、ここ  続きを読む

ZABBIX 3.0.13
blank
2017年11月9日

AWSとWebARENAの監視用としてZABBIXを使用しています。ZABBIXのコンポーネントは以  続きを読む

究極のt2.nanoインスタンス設定
blank
2017年9月27日

EC2の中で最小インスタンスタイプである「t2.nano」はCPUが1コアでメモリは512MBです。  続きを読む

MySQLをZabbixで監視する
blank
2017年9月26日

いろいろググって一番判りやすくて書いてある通りにやって導入できたサイトの情報がここです。上手くまとま  続きを読む

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください